ガジェット

コスパ最強家電!?ダイソン掃除機『dysonV6』をご紹介!|今だからこそおすすめな理由を解説!

Pocket

皆さんはどんな掃除機をお使いですか?

我が家はついに、長年の夢だったdysonを買いました!すごいですよ、dyson。いままで使っていた掃除機よりコンパクトで軽い。

コードレスなので、いちいちコンセントを差し替えることもなく、さっと掃除機をかけられる機動性の高さ。

そして、何よりも吸引力がすごい。型落ち品といっても、dysonの名は伊達じゃなく、その圧倒的な吸引力は現役です。

そんな『dysonV6』をご紹介します。

吸引力の変わらないただ一つの掃除機はマジだった。

今回購入したのは、2015年に発売された『dysonV6』です。

調べたところV6シリーズには様々なラインナップがあるようで、それぞれアタッチメントの数や本体カラーが違っているようです。

私が購入したのは、「ジャパネットたかた」のスペシャルセットだったので、アタッチメントが一通り揃っていました。

本体はこんな感じで、マゼンタピンクの遠心分離機と青いトリガー、マットな光沢感が印象的です。

たく
たく
マットな光沢感がちょーかっこいいのよ

コードレスクリーナーにふさわしく、とてもコンパクトなボディです。延長ノズルにフローリング用の電動ブラシを装着するとこんな感じ。スリムなハンディクリーナーのような見た目になります。本体重量も延長ノズルと電動ヘッドを装着状態で2.3kgと軽量なので、どこにだって持ち運べます。

たく
たく
大きな掃除機より軽くてパワーがあるよ

型落ち品だからこそオススメ

『dysonV6』は2015年に発売された、いわゆる型落ち品というやつです。

型落ちと聞くと新しいモデルに比べて性能が劣っていたり、悪い部分が多いとか、いまさら古い機種を買うのはどうなの?って思う方も多いと思います。

そんな人にこそ、このdysonV6をオススメしたいです。むしろ今だからこそ、dysonV6を買う旨味があるんです。『dysonV6』は、なんといってもコストパフォーマンスが抜群なんです。

オススメポイントをまとめるとこんな感じ。

・圧倒的な吸引力

・軽く、扱いやすい本体

・豊富なアタッチメント

・手の届く価格帯※重要!

・コストパフォーマンスが最高 ※とっても重要!

型落ち品といえど、その圧倒的な吸引力は健在です。

安さ=妥協、性能不足ではないんです。

たく
たく
コスパさいきょう!!
まろ
まろ
コスパさいきょう!!

コストパフォーマンスが抜群の掃除機『dysonV6』

液晶モニターが搭載された最新モデルの『dysonV11』が発表され、dysonもどんどん進化しているのがうれしいですね。ハイグレードな家電として、注目を集めています。

公式オンラインストアにて、『Dyson V11 Absolutepro』が101,520円(税込み)で販売されています。中々、手の届く価格ではないですよね。

しかし、dysonV6なら、2万5千円ちょっとで購入することができます。アタッチメントを購入しても3万円に収まるでしょう。

吸引力だけではありません、コードレス掃除機ならではの、機動力も素晴らしいんです。dysonV6にはバッテリーで動くコードレスな掃除機のため、長い電源ケーブルがありません。

掃除機がけで一番面倒なのは、「準備」だと思います。大きな本体を押し入れから引っ張り出して準備しないといけないところだと思います。

dysonV6は壁掛けスタイルを基本としているので、いちいち押し入れから本体を取り出さなくても、気になったときにさっと掃除ができます。

この気軽さが何よりも大切なポイントで、掃除のハードルがさがるので、掃除機掛けの習慣がつき、必然的に家の環境をきれいに保てます。

dysonV6はコンセントの煩わしさがないので、コンセントの差し替えや絡まりを気にすることなく、ゴミを吸うことに集中することができます。重心が手元にあるので、扱いやすくとっても軽く感じます。

アタッチメントの電動ヘッドもかなり大きく首が動くので、小回りがきき、ベッド下のほこりなども吸い込みやすいです。普通の掃除機より強いパワーで、ゴミや埃、ハウスダストをガンガン吸い込んでくれるので、初めて使う際は驚かれると思います。

掃除機のパワーをわかりやすくするために、定期的に天日干ししているお布団を吸ってみました。数分間掃除機をかけ、黒い画用紙の上にひろげてみました。

普段、どれだけ埃と共存しているのかよくわかりますね。まぁ、ここまで来たら考えすぎかもしれませんが、ハウスダストが原因のアレルギーをお持ちの方や、赤ちゃんのお布団など、ハウスダストを気にするのであれば、dysonでガンガン掃除することをオススメします。

しかし、気になる部分も

いろいろ、ほめちぎってきましたが、この辺で、気になる部分にも触れていきます。

パワーはあるけど、バッテリーのもちがいまいち…。

dysonV6の弱点をあげると、スタミナが少ない点でしょうか。

短距離選手のような力強さはあるものの、持久力にかけています。フル充電時、フルパワーで数分。ローパワーで約20分程度使えるようです。

電動のアタッチメントを装備した状態だと更にスタミナを消費します。フルパワーでの運転は、驚異的な吸引力を発揮しますが、スタミナの消費が凄まじいのであまり使いません。

充電には専用の充電アダプターを使用するのですが、充電中は、掃除機の電源が入らないので、コンセントに差して掃除をすることができません。

なので、基本的に使ったら充電してあげないと、いざというときに使えないなんてこともよくあります。

初めのころはハイパワーで使用していたので、あっという間に動かなくなり、その都度充電を待っていました。

基本はローパワーで運用し、必要に応じてパワーを上げてあげれば、掃除中にバッテリーが失くなることは減り、しっかり掃除できると思います。

たく
たく
ローパワーなら長い時間掃除も大丈夫よ

電動ブラシ系のアタッチメントもローパワーで使用する分にはバッテリー消費を気にしなくても大丈夫だと思います。

後のシリーズでは、稼働時間が改善されており、より長時間掃除機を使用できるようです。

とはいえ、長い時間掃除機をかけるタイミングなんて、年末の大掃除くらいなもので、一般的な大きさの家であれば、dysonV6の稼働時間でもぜんぜん余裕なので、心配しなくても大丈夫です。

エヴァンゲリオンのような掃除機と思うと、デメリット感が薄れ、愛着が持てるのでオススメです。

たく
たく
(掃除から)逃げちゃだめだ!逃げちゃだめだ!逃げちゃだめだ!
まろ
まろ
……。

排気音の大きさはそこそこ

個人的にはあまり気にならないのですが、運転時の排気音はうるさいかもしれません。特に、フルパワーでの運転は、甲高い高音が発生するので、夜間の使用は控えたほうが無難な気がします。

ただ、ローパワーでの使用であれば、比較的静かだと思います。さっと使う分には問題ないと思いますが、普通に音は出ますので、周りに配慮してご使用ください。

とはいえ、音のしない掃除機なんてないでしょうし、割りと常識的な排気音だと思っています。

まとめ

以上、『dysonV6』のご紹介でした。

我が家では、『dysonV6』を購入してから、自然と掃除の回数が増えました。

大きな掃除機と違い、準備の手間がなく面倒に感じないんですよね。

パワフルな吸引力で、大きなゴミもしっかり吸い込むので、埃一つない綺麗で、スベスベなフローリングでいつもゴロゴロしています。

今回の記事をまとめるとこんな感じ。

・気軽に掃除できるコンパクトな掃除機

・圧倒的な吸引力

・コストパフォーマンスが抜群。

・気になる部分はあるけど、デメリットではない。

『dysonV6』は今だからこそオススメできる掃除機だと思います。

圧倒的な吸引力と機動力の掃除機を3万円程度で購入できる『dysonV6』は、コストパフォーマンスが抜群です。

たく
たく
コスパさいきょう!
まろ
まろ
コスパさいきょう!

掃除機の買い替えを考えている人や、新生活に向けて掃除機が欲しい人にオススメです。最新機種を買うのは、値段的にもためらいもありますが、『dysonV6』ならリーズナブルな価格で、圧倒的な吸引力と機動力を手に入れられます。

普通の掃除機を買うのであれば、ほんの少しだけ奮発して『dysonV6』を買ったほうが、絶対良いと思います!長く使える電化製品ですし、数年使い続けることを考えるとかなりお得な買い物だと思います。

大袈裟かもしれませんが、dysonの掃除機を使えば、生活の質が一つ上がります。掃除機を買うなら『dysonV6』で間違いないと思います。

ではでは!

こちらの記事もどーぞ。
オーディオ

【PS4におすすめ】ソニーのウェアラブルネックスピーカー『SRS-WS1』は、我が家に革命をもたらした!|低音が震える立体感なサウンドはゲームや映画にベストマッチ!【レビュー】

2019年7月16日
たくまろ。ブログ
先日、まろが誕生日プレゼントとしてこんなものをくれました。 たくさんの誕生日に買ったSONYのネックスピーカーが届いた!サプライズ🎉  …